ドライオーガズム

ネットではドライオーガズムに達した人のサイトは、とても参考になりますね。

相変わらずULT究極のドライオーガズムでドライが成功できたとmixiのコミュニティサイトでは批評のようです。
このマニュアルは今まで全くドライをしたことがない人や失敗続きの人を一晩でアヘアへ状態にいたっら占めるというある意味危険なマニュアルです。
ULT究極のドライオーガズムバイブルのレビュー
私のレビューはこちらになります。

さて、ドライについてですが、に経験に基づいた伝え方で一般論ではないのですが、そうした個人的な情報だからこそ、オーガズムに達する一連の流れが分かります。
そして、その流れの中で、自分に何が足りないのか分かりやすくなっているのです。
また、こうした個人が発する情報以外にも、ある程度やってダメだった人向けの助言が役立ちますね。
人は誰でも同じ場所で、停滞するのかもしれません。
その中でも興味を惹かれた未達成者の質問は、いくら器具を肛門内に差し込んでも何も感じないというものです。
これに対する回答は、感じるポイントを自分で探す事です。
回答者は、必ずしも器具によって刺激する前立腺周辺部位に限らず、他の場所も刺激をすると良いというアドバイスをしています。
何故でしょうか。

dryorgasm2
画像掲載元⇒ドライオーガズム
(ドライオーガズムの伝道師で有名な山崎さんの所からおかりしました)
ドライオーガズムには賢者モードがないので、飽きるまでアゲアゲ状態となります。
オーガズムに達するまで乳首を弄くる事を推奨する人が多いですが、必ずしも全てとは限りません。
中には耳に息を吹きかけられることが、感じるポイントの人もいるでしょう。
うなじを触れられるほうがぞくっと来るかもしれません。
人それぞれで、必ずしも正解はないのです。
それを知っているからこそ、前立腺に執着せずに、他の場所を刺激するといっているのです。
ツボのように一見何の繋がりもなく関係なさそうな場所を刺激して症状が改善することもあります。
それと同じなのかもしれません。
耳やうなじが前立腺と繋がっていて、そこを刺激する事が、他の人の乳首や前立腺を刺激するのと同じ効果になるということでしょう。
また、肛門に入れる器具について色々試すアドバイスをしている人もいます。
器具の肛門内に入れる部分、この形状も人によって合う合わないがあるそうです。
そして、電動バイブレーションを完全否定する人もいれば、効果的であると勧める人もいます。
これは「どれが好ましいか」ではなく、「どれが合っているか」という問題ということでしょう。
そして、器具の後ろについている会陰部を刺激するアタッチメントも重要です。
形を見ると、ただ肛門の奥に入り過ぎないようにストッパーの役割を果たしているようにも見えます。
ですが、そのストッパーこそが、それが女性としての攻められる感覚を得るものにしているのです。
内部に入れる部分と外の会陰部、すべて形が重要で、しかもそれが個人の感覚に合っているかも影響しています。
だから、複数の器具を買い揃え、幾つか試しているそうです。
そして、AV鑑賞は必ず勧められますね。
しかも見方は常に女性視点でなければなりません。
女性になりきり、触られている、見られている、覗かれている、入れられているときの感覚を想像しながら見るのです。
それで、五感で感じ、更にAV女優が発する声すらも自分がしているように感じます。
その場で、女性として動いているとつもりになるのです。
多くの人が入門者向けにアドバイスをしていますが、正解はありませんが、同時に外れもありません。
合うか合わないか、それが全てで、そのためには多くのアドバイスを取り入れて一つ一つ確かめる必要があるのです。

ドライオーガズムがなかなかできない人にとっては、アドバイスをしてもらう事が重要となってきます。
そこでおすすめなのはこのサイトです。
ドライオーガズムの方法
こちらのサイトはドライオーガズムについてかなり詳しく分かりやすく書かれていますので、あmだできていない人は当サイトと合わせて読むことをおすすめします。

Posted in ドライオーガズム | コメントは受け付けていません。

ドライオーガズムの動画で方法を学ぼう

ドライオーガズムは数年前は成功できない人がたくさんいたのですが、ULT究極のドライオーガズムバイブルのおかげで、たくさんの人が成功できているようです。

また、ULT究極のドライオーガズムバイブルで成功したたくさんの人がその成功動画をアップしてくれているので、ドライオーガズムの動画が増えてきています。

やはり、ULT究極のドライオーガズムバイブルは本物の教材で、評価が高いですね。

流行っている物は勢いがあります。
それは性生活に関わる物ならなおさらです。
アダルトサイトなどで最近話題になっている前立腺刺激による快感は、かなり広がりを見せているらしく、男性が得られる新たな感触として知られています。
私もそれを感じてみたくて、いろいろと調べることにしました。
すると、その根幹にドライオーガズムなる新しい絶頂状態があることに気づいたのです。
これは、射精を伴わない絶頂の状態であり、その快感は射精の数倍にも上ると聞きました。
ペニスをしごいたり刺激を与えるウェットオーガズムと異なり、こちらは前立腺を刺激して、達する仕組みになっています。
前立腺への刺激はもちろんアナルに棒状の物か指を入れ、直接刺激する形になるので、その姿はかなりセンセーショナルです。
オナニーで快感を得るのは昔からみんなが行っていたことで、今更珍しくもありません。
しかし、ペニスをしごく男性の普通のオナニーと異なり、アナルに何かを入れて前立腺を刺激している男性の姿はかなり異質な物を感じます。
しかし、快楽の質からいえばドライオーガズムの方が何倍も優れており、男性が得られる快感の中でも非常に強い絶頂感が味わえるのです。
アダルト関連のサイトでは女性がイク様子が映像で流されています。

dryorgasm1

ドライオーガズムは男性の前立腺の快楽エネルギーをカメハメハのように噴射するといった感じです。

この感覚はすさまじく気持ちいいです、やればわかります。言葉ではうまく表現できないレベルなのです。
男性の場合は射精がイク象徴として用いられており、みんながそれを普通の物と認識しているため、射精を伴わない物は異質と解釈されるわけです。
自然な形でドライオーガズムを迎えられるのは、精通前の小学生くらいです。
これは、ペニスは勃起しても、精子が作られていないためで、精通前の子供のオナニーはすべて射精を伴わない物になります。
自分の意思で前立腺を刺激し、絶頂を迎えるにはかなりのハードルをクリアしなくてはなりません。
オナニーのためには特別な器具をアナルに挿入するなど、きちんとした下準備が必要になるからです。
一人だと苦労するので、もしどうしても確実に射精なしの絶頂感を得たいと思ったら、パートナーに相談するか、性感エステに行ってサービスを受けるのがいいでしょう。
ここ最近は性感エステが大人気で、確実に射精しない形で絶頂を迎えられると誰もが知っています。
古くからアナルの快感は癖になるとの話がありましたが、それは前立腺刺激によるドライオーガズムがあまりにも魅力的すぎたからです。
それゆえに男性同士のセックスやアナルを利用したオナニーは禁忌となったと聞いています。
歴史的な背景も考えると、今の世の中はかなり自由になり、アナルセックスだろうと同性愛だろうと思いのままです。
私は同性愛者ではありませんし、アナルセックスもしたいとは思いませんが、質の高い絶頂は迎えたいと考えています。
そのため、これからもさらに前立腺刺激のコツを学び、もっと良い状態で快感を得たいと思っているのです。
それは、今後の人生そのものを豊かにすることにつながり、いい意味で性生活を充実させることに直結します。

人によっては前立腺への刺激を言葉で説明するより動画で説明したほうが早い人もいます。
そんな人におすすめなのはこちらのサイトです。
ドライオーガズムの動画で方法がわかるサイト
こちらのサイトは動画を交えてわかりやすく説明している人気サイトになります、ドライオーガズムを成功させたいのであればこちらを見ておくとよいでそう。

Posted in ドライオーガズム | コメントは受け付けていません。

ドライオーガズムのコツ

射精を伴わず男性が絶頂を迎えるドライオーガズムはとても気持ちの良い体験として多くの男性が一度は体験したい、と思われています。
多くの男性は女性と成功している際に射精をして絶頂をむかえます。
またご自分で自分のペニスを刺激して絶頂をむかえる男性も多いと思われます。
多くの場合射精を伴います。
射精をすることもとても気持ちの良いものとなっていますが、さらに上の快感を求めてご自分でドライオーガズムに挑戦することも良いことです。
自分でペニスを刺激したり、アダルトグッズをつかうこともとても効果的ですが男性もアナル開発をすることで新たな快感をえることができます。
たまには乳首を刺激してみることも効果的です。
普段の性交の際に刺激しない部分をあえて一人の際に刺激することで新しい快感に出会えることができます。
そこで絶頂を迎えることにより、とても気持ちの良い体験をすることができます。
まずどれだけ自分で興奮状態にもっていけるか、というところも重要です。
そのためには普段女性と性交をする際の雰囲気なども思い出してみることも効果的となっています。
ベッドに寝ているときに女性が隣にいると想像しながらペニスを刺激することも絶頂に大きく近づけます。
アナル開発も効果的といわれています。

dryorgasm3

独りで成功できない人はお金を払ってでもいい教材を購入する事でドライオーガズムが習得できます。
乳首も同様にいわれていますが、普段自分があまり刺激しないところはとても開発しやすい場所といわれています。
アナル開発の際にはアナルバイブの使用もおすすめです。
なかなか手が届きづらい場所なのでアダルトグッズをこの際に試してみることも良いものだと思われます。
まずは指先やアダルトグッズで刺激することでいつも自分で行う時とは違う快感をえることができ、射精を伴わない絶頂をむかえることもできます。
前立腺の刺激も重要です。
トレーニングをすることで自分の新たな性感帯をみつけることができ、女性との性交の際もお互いにもっと気持ち良くなれると思われます。
勃起力増進にもつながり、自分でペニスを刺激するときも女性との性交の際、女性をさらに満足させられることができます。
男性が感じる部分をみつけることで体中がふるえ、痙攣するような快感になり、いわゆる女性が「イク」ときの快感を味わうことができます。
女性との性交の際、女性はとても感じているように見えます。
身体中が震え、痙攣するように感じてやがて絶頂を迎えます。
興奮状態も大きく関係してきます。
お部屋を暗くして女性と性交するときのようなムードをつくりだし、アロマをたいてみることも効果的です。
アロマは脳に作用しやすく、アロマの効果によってはエッチな気分にもっていきやすい効果を持つものもあるのでとても良いです。
気分や脳に作用するのでムードをつくりやすいといわれています。
興奮を高めることにより、ドライオーガズム達成に大きくつながります。
女性との性交をさらに盛り上げる効果や役目もあります。
自分の身体をきちんと知る機会にもなります。

なにごとにも成功の画技というものがあって、それはドライオーガズムにもあては回ります。
ドライオーガズムのコツ
こちらのサイトは、ドライオーガズムをできるだけ手っ取り早くやろうっていうコツを紹介している人気サイトです。

Posted in ドライオーガズム | コメントは受け付けていません。

ドライオーガズムの意味とその方法について

ドライオーガズムというのは、男性の場合であれば射精自体を伴わない状態で絶頂に達することを言います。
対義語にはウェットオーガズムがあり、こちらは射精による精液が飛び出して濡れることで絶頂に達することです。
大抵の男性においては、ウェットオーガズムを経験するのが一般的でもあり、ほとんどの人がこのドライオーガズムのことを考えたことはないというのが現実かもしれません。
ただ性的に健常者であっても、徹底した前立腺の刺激によって、射精を伴わない状態で絶頂に達することが出来ると言われています。
その特徴としては、調度女性がイク場合と同じ様な感じで、男性でありながらその絶頂状態が継続し続け、女性の様にガクガクと体が痙攣して、叫び声を上げるほど快感に酔いしれます。
長い場合であると女性と同じ様に1分から数分の間、イキ続けるという状態になります。
しかも何度でもイクことが出来る、射精とは比べ物にならないくらいの物凄い快感が走るといったことを特徴としても挙げることが出来ます。
よって、男性が一度でもその快感を味わってしまうとこちらにはまってしまう可能性もあります。
なお実際には、そのドライオーガズムを追求するのは、性に対する飽くなき挑戦心が豊富な方が体験したいと思うことで、普通の男性はそこまでの経験はないはずです。
またアダルトビデオでそれをテーマにした作品等もあり、そういった世界でしか考えられないことかもしれません。
従って、男性に常に馴染みがあることとは言えないのが実態であります。
なおその方法としては、前立腺の刺激を行うことによって実現しますが、前立腺の刺激を行う箇所によって二つの方法があると言われています。
まず一つ目としては、肛門から物を入れることによって前立腺を刺激する方法です。
例えば、自分の指を始め、Gスポット刺激用のディルドを用いて直腸から刺激を施します。
ただこれには個人差が見られることは確かです。
そして、もう一つの方法は尿道から前立腺を刺激する方法です。
前立腺は尿道を取り囲んでいるため、尿道にカテーテルといった管を用いて刺激を施します。
確かに尿道における場合には、おしっこをすればすっきりしたと同時に気分が良かったりすることもありますが、それは実は尿道周りの前立腺の影響を受けていると言っても過言ではないかもしれません。
なおドライオーガズムを実現するための専用の器具も幾つかあります。
例えば、肛門括約筋の収縮により前立腺を刺激を実現する器具が市販されていたりします。
また弱い電流を前立腺に流して、絶頂に至らせる機器もあります。
これらを使うと直接ペニスを手で触れずに前立腺刺激を行うことができる特徴があります。
なお性機能障害で起こるドライオーガズムもあります。
これについては、本来は射精を行うはずなのに病気によって、精液を飛び出さない症状となる訳です。
パートナーと性行為を行った場合に、オーガズムの際に射精をしなくなります。
例えば、糖尿病、前立腺障害、交感神経の障害等でこういったことが起こり得ます。
勿論、体調の状態によっても影響を受けることも多いので、慢性的な症状になったらお医者さんと相談することが肝要です。

Posted in ドライオーガズム | コメントは受け付けていません。

ULT究極のドライオーガズムバイブルの破壊力は初心者の脳みそを壊す危険性アリ!

ULT究極のドライオーガズムバイブルですが、facebookでも一部のマニアに広まっているようです。

ドライオーガズムをしているなんて高原はできないので、みんなサブアカウントを使っているのが現状です。
だって「ULT究極のドライオーガズムバイブルでうひょ~~~~とか言って絶頂を迎えているうんぬん」という書き込みが普通にあるわけですから、エロが禁止なfacebookとしてはあまりよろしくないわけです。
みなさんもお気をつけください、アカウント停止になりますからね、アダルトな書き込みは。

で、その中の記事でイクともあったのですがfacebookのドライオーガズム関連の記事を見ていると

ULT究極のドライオーガズムバイブルで昨晩イキまくったせいで、朝起きてから昼までずっと足ががくがくしていて、昨日ほどではないがドライオーガズムが続いている、どうやったら止めれますか?
気持ちいいのはいいのですが、こうも長く続くと気持ちよささえもウザくなります

といった書き込みですね。

これは体が脳の反応についていかずに、快楽物質が垂れ流し状態になっているためだと思いますが、正直言ってそのうちなれます。
多分、次ドライオーガズムをした場合は翌日まで持ち越すことはないと思いますよ。

初心者がULT究極のドライオーガズムバイブルを利用したからといってみんながそんなことにはなりませんが、翌日に持ち越して、職場に行くのもいいのかもしれません。
気持ちよく仕事ができそうです(笑)

Posted in ドライオーガズム | コメントは受け付けていません。

ドライオーガズムで充実した点とは

知識として性について知ると、おのずとそれについて興味がわいてきます。
セックスやオナニーなどは成長する過程でいろいろなことを覚えました。
しかし、男性のアナルについてはどうして快感が得られるか、つい最近になるまでわからなかったのです。
そこでアダルト関連のサイトを見てみた所、ドライオーガズムなる絶頂の状態が男性には存在することを突き止めました。
この状態は前立腺を刺激することにより得られ、射精を伴いません。
そのため、射精に付随する体力の消耗や倦怠感などが一切なく、続けざまにイクことも可能になります。
メリットがあまりにも多く、充実した点が多数見受けられるこの快感について、アダルト関連業界ではいち早く注目しているのです。
男性同士のセックスにおいて、アナルの快楽は必要不可欠です。
前立腺の刺激がその鍵になることはすでに知りましたが、快感を得るためには具体的にどうすればいいかは知りませんでした。
勉強してみたら、指または特殊な器具をアナルに入れ、直接前立腺を刺激するのだそうです。
練習次第で簡単にドライオーガズムに達することができ、それが日常化していくと、いずれアナル以外でも射精を伴わない絶頂を得ることができると聞きました。
そうした情報を聞いたら試さずにはいられないのが私の性分です。
ネットでアダルトサイトを調べ、前立腺刺激用の器具を購入して、オナニーを敢行しました。
最初はそれほど気持ちよくなく、不思議な感じがしましたが、ふとした拍子にツボに入り、見事絶頂に至ったのです。
生涯で初めて射精せずに絶頂に達した私が次に目指したのは、性感帯の開発です。
前立腺刺激による快感は予想通りすさまじい物で、私は思わず「ひっひい」などと声が出てしまいました。
しかし、経験次第では玉袋や竿の根元など、性感帯を刺激することで射精なしでの快感が得られるようになると聞き、試したくなったのです。
ドライオーガズムを何度も経験していくうちに、その仕組みがなんとなくわかりました。
もちろんいつでもこれを得られるわけではありませんが、最初より確実に鋭敏な感覚が自分の体に備わっているのを実感できます。
今では前立腺刺激でいつ絶頂に達するか、時間まで計れるようになりました。
アナルの快感を得るのは、かつても今もアブノーマルな感じがあります。
それは、男性同士のセックスがタブーとされていたことにも関係があるのです。
しかし、時代は変わり、誰もが自分の望む形での快楽を得ることが可能になりました。
ドライオーガズムにより射精の何倍もの快感を得ることは間違いではありません。
むしろ、これからの時代にあって、エコともいうべき絶頂の得方でしょう。
それは、射精があまりにもリスキーであり、年配者にとって体力の消耗が激しすぎるからです。
男性にとって射精せずにイクことは、自分の体力を温存し、長時間にわたってセックスなど性行為を続けることができると暗に示しています。

Posted in ドライオーガズム | コメントは受け付けていません。