ドライオーガズムの意味とその方法について

ドライオーガズムというのは、男性の場合であれば射精自体を伴わない状態で絶頂に達することを言います。
対義語にはウェットオーガズムがあり、こちらは射精による精液が飛び出して濡れることで絶頂に達することです。
大抵の男性においては、ウェットオーガズムを経験するのが一般的でもあり、ほとんどの人がこのドライオーガズムのことを考えたことはないというのが現実かもしれません。
ただ性的に健常者であっても、徹底した前立腺の刺激によって、射精を伴わない状態で絶頂に達することが出来ると言われています。
その特徴としては、調度女性がイク場合と同じ様な感じで、男性でありながらその絶頂状態が継続し続け、女性の様にガクガクと体が痙攣して、叫び声を上げるほど快感に酔いしれます。
長い場合であると女性と同じ様に1分から数分の間、イキ続けるという状態になります。
しかも何度でもイクことが出来る、射精とは比べ物にならないくらいの物凄い快感が走るといったことを特徴としても挙げることが出来ます。
よって、男性が一度でもその快感を味わってしまうとこちらにはまってしまう可能性もあります。
なお実際には、そのドライオーガズムを追求するのは、性に対する飽くなき挑戦心が豊富な方が体験したいと思うことで、普通の男性はそこまでの経験はないはずです。
またアダルトビデオでそれをテーマにした作品等もあり、そういった世界でしか考えられないことかもしれません。
従って、男性に常に馴染みがあることとは言えないのが実態であります。
なおその方法としては、前立腺の刺激を行うことによって実現しますが、前立腺の刺激を行う箇所によって二つの方法があると言われています。
まず一つ目としては、肛門から物を入れることによって前立腺を刺激する方法です。
例えば、自分の指を始め、Gスポット刺激用のディルドを用いて直腸から刺激を施します。
ただこれには個人差が見られることは確かです。
そして、もう一つの方法は尿道から前立腺を刺激する方法です。
前立腺は尿道を取り囲んでいるため、尿道にカテーテルといった管を用いて刺激を施します。
確かに尿道における場合には、おしっこをすればすっきりしたと同時に気分が良かったりすることもありますが、それは実は尿道周りの前立腺の影響を受けていると言っても過言ではないかもしれません。
なおドライオーガズムを実現するための専用の器具も幾つかあります。
例えば、肛門括約筋の収縮により前立腺を刺激を実現する器具が市販されていたりします。
また弱い電流を前立腺に流して、絶頂に至らせる機器もあります。
これらを使うと直接ペニスを手で触れずに前立腺刺激を行うことができる特徴があります。
なお性機能障害で起こるドライオーガズムもあります。
これについては、本来は射精を行うはずなのに病気によって、精液を飛び出さない症状となる訳です。
パートナーと性行為を行った場合に、オーガズムの際に射精をしなくなります。
例えば、糖尿病、前立腺障害、交感神経の障害等でこういったことが起こり得ます。
勿論、体調の状態によっても影響を受けることも多いので、慢性的な症状になったらお医者さんと相談することが肝要です。

This entry was posted in ドライオーガズム. Bookmark the permalink.

Comments are closed.