ドライオーガズムの動画で方法を学ぼう

ドライオーガズムは数年前は成功できない人がたくさんいたのですが、ULT究極のドライオーガズムバイブルのおかげで、たくさんの人が成功できているようです。

また、ULT究極のドライオーガズムバイブルで成功したたくさんの人がその成功動画をアップしてくれているので、ドライオーガズムの動画が増えてきています。

やはり、ULT究極のドライオーガズムバイブルは本物の教材で、評価が高いですね。

流行っている物は勢いがあります。
それは性生活に関わる物ならなおさらです。
アダルトサイトなどで最近話題になっている前立腺刺激による快感は、かなり広がりを見せているらしく、男性が得られる新たな感触として知られています。
私もそれを感じてみたくて、いろいろと調べることにしました。
すると、その根幹にドライオーガズムなる新しい絶頂状態があることに気づいたのです。
これは、射精を伴わない絶頂の状態であり、その快感は射精の数倍にも上ると聞きました。
ペニスをしごいたり刺激を与えるウェットオーガズムと異なり、こちらは前立腺を刺激して、達する仕組みになっています。
前立腺への刺激はもちろんアナルに棒状の物か指を入れ、直接刺激する形になるので、その姿はかなりセンセーショナルです。
オナニーで快感を得るのは昔からみんなが行っていたことで、今更珍しくもありません。
しかし、ペニスをしごく男性の普通のオナニーと異なり、アナルに何かを入れて前立腺を刺激している男性の姿はかなり異質な物を感じます。
しかし、快楽の質からいえばドライオーガズムの方が何倍も優れており、男性が得られる快感の中でも非常に強い絶頂感が味わえるのです。
アダルト関連のサイトでは女性がイク様子が映像で流されています。

dryorgasm1

ドライオーガズムは男性の前立腺の快楽エネルギーをカメハメハのように噴射するといった感じです。

この感覚はすさまじく気持ちいいです、やればわかります。言葉ではうまく表現できないレベルなのです。
男性の場合は射精がイク象徴として用いられており、みんながそれを普通の物と認識しているため、射精を伴わない物は異質と解釈されるわけです。
自然な形でドライオーガズムを迎えられるのは、精通前の小学生くらいです。
これは、ペニスは勃起しても、精子が作られていないためで、精通前の子供のオナニーはすべて射精を伴わない物になります。
自分の意思で前立腺を刺激し、絶頂を迎えるにはかなりのハードルをクリアしなくてはなりません。
オナニーのためには特別な器具をアナルに挿入するなど、きちんとした下準備が必要になるからです。
一人だと苦労するので、もしどうしても確実に射精なしの絶頂感を得たいと思ったら、パートナーに相談するか、性感エステに行ってサービスを受けるのがいいでしょう。
ここ最近は性感エステが大人気で、確実に射精しない形で絶頂を迎えられると誰もが知っています。
古くからアナルの快感は癖になるとの話がありましたが、それは前立腺刺激によるドライオーガズムがあまりにも魅力的すぎたからです。
それゆえに男性同士のセックスやアナルを利用したオナニーは禁忌となったと聞いています。
歴史的な背景も考えると、今の世の中はかなり自由になり、アナルセックスだろうと同性愛だろうと思いのままです。
私は同性愛者ではありませんし、アナルセックスもしたいとは思いませんが、質の高い絶頂は迎えたいと考えています。
そのため、これからもさらに前立腺刺激のコツを学び、もっと良い状態で快感を得たいと思っているのです。
それは、今後の人生そのものを豊かにすることにつながり、いい意味で性生活を充実させることに直結します。

This entry was posted in ドライオーガズム. Bookmark the permalink.

Comments are closed.