ドライオーガズムで充実した点とは

知識として性について知ると、おのずとそれについて興味がわいてきます。
セックスやオナニーなどは成長する過程でいろいろなことを覚えました。
しかし、男性のアナルについてはどうして快感が得られるか、つい最近になるまでわからなかったのです。
そこでアダルト関連のサイトを見てみた所、ドライオーガズムなる絶頂の状態が男性には存在することを突き止めました。
この状態は前立腺を刺激することにより得られ、射精を伴いません。
そのため、射精に付随する体力の消耗や倦怠感などが一切なく、続けざまにイクことも可能になります。
メリットがあまりにも多く、充実した点が多数見受けられるこの快感について、アダルト関連業界ではいち早く注目しているのです。
男性同士のセックスにおいて、アナルの快楽は必要不可欠です。
前立腺の刺激がその鍵になることはすでに知りましたが、快感を得るためには具体的にどうすればいいかは知りませんでした。
勉強してみたら、指または特殊な器具をアナルに入れ、直接前立腺を刺激するのだそうです。
練習次第で簡単にドライオーガズムに達することができ、それが日常化していくと、いずれアナル以外でも射精を伴わない絶頂を得ることができると聞きました。
そうした情報を聞いたら試さずにはいられないのが私の性分です。
ネットでアダルトサイトを調べ、前立腺刺激用の器具を購入して、オナニーを敢行しました。
最初はそれほど気持ちよくなく、不思議な感じがしましたが、ふとした拍子にツボに入り、見事絶頂に至ったのです。
生涯で初めて射精せずに絶頂に達した私が次に目指したのは、性感帯の開発です。
前立腺刺激による快感は予想通りすさまじい物で、私は思わず「ひっひい」などと声が出てしまいました。
しかし、経験次第では玉袋や竿の根元など、性感帯を刺激することで射精なしでの快感が得られるようになると聞き、試したくなったのです。
ドライオーガズムを何度も経験していくうちに、その仕組みがなんとなくわかりました。
もちろんいつでもこれを得られるわけではありませんが、最初より確実に鋭敏な感覚が自分の体に備わっているのを実感できます。
今では前立腺刺激でいつ絶頂に達するか、時間まで計れるようになりました。
アナルの快感を得るのは、かつても今もアブノーマルな感じがあります。
それは、男性同士のセックスがタブーとされていたことにも関係があるのです。
しかし、時代は変わり、誰もが自分の望む形での快楽を得ることが可能になりました。
ドライオーガズムにより射精の何倍もの快感を得ることは間違いではありません。
むしろ、これからの時代にあって、エコともいうべき絶頂の得方でしょう。
それは、射精があまりにもリスキーであり、年配者にとって体力の消耗が激しすぎるからです。
男性にとって射精せずにイクことは、自分の体力を温存し、長時間にわたってセックスなど性行為を続けることができると暗に示しています。

This entry was posted in ドライオーガズム. Bookmark the permalink.

Comments are closed.